日本15岁少年东京街头随机砍伤一对母女,称“只想获死刑”而行动

東京・渋谷区の路上で53歳の母親と19歳の娘が包丁で刺された事件で、現行犯逮捕された中学3年生の女子生徒が、「死刑になりたいと思い、見つけた親子を刺した」と供述していることが分かりました。

在东京涉谷街头,一名53岁的母亲和19岁的女儿被刀刺伤的事件中,被现行犯逮捕的初中3年级女学生供述说:“因为想被判死刑,所以随机砍了一对母女。”



埼玉県戸田市の中学3年生の女子生徒(15)は、きのう夜、渋谷区円山町の路上を歩いていた53歳の母親と19歳の娘の親子を、後ろから包丁で背中などを刺して重傷を負わせ、殺害しようとしたとして現行犯逮捕されました。

琦玉县户田市初中3年级的女学生(15岁),昨天晚上,在涩谷区圆山町的街头,用菜刀从后面刺向走在路上的一名53岁的母亲和19岁的女儿,使母女身受重伤,被当场逮捕。



その後の捜査関係者への取材で、女子生徒は落ち着いた様子で取り調べに応じ、「死刑になりたいと思い、たまたま見つけた親子を刺した」と供述していることが分かりました。

在随后对搜查人员的采访中,该女生平静地接受了调查,并供述道:“因为想判死刑,所以随机砍了一对母女。”



事件を目撃した飲食店の従業員 「(Q.犯人は抵抗していた?)ないです。靴も履いていないし、靴下だけで。(犯人は)空をみて、私に聞いてきて、『あの子死んだ?』って言っていたんですよ」

目击事件的餐厅职员“(Q .凶手有没有反抗?)没有。连鞋都没穿,只穿了袜子。(凶手)望着天空问我,‘那孩子死了吗?’”



女子生徒は、犯行に使った包丁など刃物3本を所持していたということで、警視庁は犯行の動機について詳しく調べています。

该女生随身携带了行凶时使用的菜刀等3把刀具,警视厅正在对其行凶动机进行详细调查。

Add a Comment

您的电子邮箱地址不会被公开。